衝撃に弱い機械式時計の扱い方を考えよう!贈り物を大事に扱うために必要な事

時計を保管するためのボックスを用意

大事な人からプレゼントしてもらった機械式時計を守るために、ケースの中に時計を保管しておきたいと考えるのなら、専用のボックスを購入しておく事をおすすめします。地震の揺れなどが原因で、地面に機械式時計が落ちてしまったとしても、専用のボックスが衝撃を吸収してくれる点が好評です。そんな便利なボックスがあるからといって、ずっと機械式時計を保管しっぱなしにするのは止めておきましょう、。定期的にゼンマイを動かしておく事こそ、機械式時計の寿命を延ばすコツです。

故障の前兆を見極める

ずっとスムーズに動いてくれていた機械式時計が、急に調子が悪くなってきたと感じたら、それは故障の前兆かもしれないと考えましょう。機械式時計が故障しそうになっている時には、手入れの方法を今までと変えてみてください。潤滑油が切れかかっている可能性もあるので、潤滑油を少し足しておくだけでも今までの不調が嘘のように時計がスムーズに動いてくれるかもしれません。リューズの操作が固いと感じた時にも同じように対処をしてみましょう。

タバコの煙などにも注意が必要

普段からタバコの煙や排気ガスを浴びやすい生活をしている際には、機械式時計の内部までタバコの煙などが入り込む可能性に気を付けてください。もしタバコの煙が時計の内部にまで大量に入り込むと、タバコの成分が機械式時計の細部に絡みつく可能性もあります。そうなると今までとは違った汚れの落とし方を意識しなければ、いつまでも汚れが残り続ける事になりかねません。時計の手入れを少しでも楽にするためにも、時計と煙は遠ざけるようにしましょう。

ウブロは、高級ブランド腕時計のひとつです。独自のセンスを持ったデザインが人気で、有名人とのコラボモデルなども発売しています。